流速ウルトラハイサイクル化

■流速ウルトラハイサイクル化とは


標準的な電動ガンの発射サイクルは、秒間13~15発程度となっています。流速ウルトラハイサイクル化する事により流速カスタムをさらに改良し、発射サイクルを秒間30~34発程度まで引き上げます。

メリット 発射サイクルの向上による命中確率の向上。
デメリット
  •  バッテリーの消耗が激しい
  • 弾の消費量の増加
  • メカボックスへの負担増加
このカスタムに適している銃 電動ガン全般
工  賃  パーツ代金込み ¥35,000~(税抜き)
※銃の構造やパーツ代金により変動する場合がございますのでご了承下さい。

戻る