リチウムポリマーバッテリー化(リポ化)

■リチウムポリマーバッテリー化(リポ化)とは


電動ガンには一般的にニッケル水素バッテリーが使用されています。それをリチウムポリバッテリー仕様にする事をリポ化といいます。

メリット
  • 電流の量が多い為、トリガーを引いた際のレスポンスが向上。
  • バッテリー容量がニッケル水素の約2倍なので、持ちが良い。
  • リチウムポリマーの場合は発熱放電の為、気温の影響を受けにくい。
  • 充放電により電池構造が崩れる事が起こりにくいので、良好な繰り返し充電が可能。
デメリット
  • ニッケル水素と比べて高価。
  • 可燃性(酸化・過充電・過放電・衝撃などにより発熱、炎上の恐れがある。)
  • 充放電の制限(放電電流に限界がある。)
当カスタムに適している銃 電動ガン全般
工  賃 パーツ代金込み ¥3,000~(税抜き)
※銃の構造やパーツ代金により変動する場合がございますのでご了承下さい。

戻る